« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月28日 (日)

2013年7/21 16NJ壮行会&菊章授与式

 16NJ(第16回日本ジャンボリー)の横浜地区壮行会が7/21、鴨居小学校で行われました。130団ボーイ隊からは神奈川2隊に1名、3隊に6名参加しました。ベンチャー隊から神奈川2隊に2名参加しています。
Img_3725












 壮行会に先立ち、富士章及び菊章の授与式がありました。我が130団ボーイ隊からN隊付けが菊章を受章しました。16NJ参加者を前に壇上で堂々としたスピーチを披露してくれました。
Img_3726Img_3727

Img_3728_2Img_3729_2















Img_3730





















 
 
 


 
 カラー隊の入場と共に壮行会の開始。
Img_3731Img_3732














Img_3733Img_3734












 


 神奈川2隊の挨拶。
Img_3735



 2隊は総勢41名。隊長からスカウトに求めたものは4G。Growth、Get(友達やスキルを)、Going(未来へ)、Global(国際感あふれる)です。

 


 神奈川3隊の挨拶。
Img_3736



 3隊も総勢41名。隊長からの期待は、訓練で身に付けてきた力を発揮してほしいというものでした。目標はチームワーク、訓練を通じてチームワークが育ってきたので楽しい活動にしていきたいと抱負が述べられました。







Img_3737



 カラー隊の目標は、開会式を含む3つのセレモニーへの参加依頼を受けること。それにしてもかっこいいですねぇ。









Img_3738




 IST(International Service Team)は、ベンチャースカウトの活動として16NJに参加します。








Img_3740Img_3741














Img_3742Img_3745













Img_3747















Img_3755





 神奈川2隊のワッペン








Img_3753




 130団ボーイ隊・Y隊付きが応募して神奈川地区の絵柄に採用されたワッペン(左)及びノボリ(左下)。








Img_37231

































 参加スカウト皆が逞しく成長して戻ってくることを期待できる壮行会でした。
 
Reported by KONTA
 
 
 
 
 

2013年7月21日 (日)

2013年7/13-14 くまスカウト歓迎キャンプ

 7/13-14、梅雨明け後の夏本番といった快晴の天候の下、東工大・岡部野営場でくまスカウト歓迎キャンプを行いました。団倉庫から荷物を搬出し、出発報告。ボーイよりくまカブの方が多いけど、気力・体力・技術力で先輩スカウトとして見本を示すとともに、幼い者をいたわる精神も忘れずに、よろしく!
Img_3653Img_3654 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Img_3655Img_3656 

Img_3657 












 
 
 
 
 
 
 
 
  
 

 
 
 無事に野営場に到着して開会セレモニー実施。Hカブ隊長は都合が悪かったため、代理でSカブ隊副長のお話をいただきました。出だしは、カブ色(青)に染まっていますが、段々ベージュ?薄茶?色のボーイ色が増えていくので、しばしお待ちを。。。
Img_3658Img_3659














Img_3660Img_3661












 セレモニーの後は、いつものように設営開始。
Img_3662Img_3663














Img_3664Img_3665
 













Img_3666Img_3667












 設営後は、立ち竈の製作に取り掛かります。
Img_3669Img_3670














Img_3671Img_3672














Img_3676Img_3677












 水穴掘りも大事な作業です。くまスカウトもがんばってます!
Img_3673Img_3674












 薪割りは2級スカウト以上の仕事なので、ボーイ隊のお兄さんが担当します。ナイフ作業もね。早くできるようになってください。
Img_3675Img_3682














Img_3685Img_3684












くまスカウトたちは、お米をといで飯ごうを準備します。他にも料理の準備を協力して進めます。
Img_3678Img_3679














Img_3680Img_3681












 飯ごうの準備ができたら竈の火にかけます。
Img_3686Img_3687














Img_3688Img_3689














Img_3690Img_3691














Img_3692












 各班火がついて飯ごうを炊き始めたら、今回は炭火焼き鳥なので、炭に火をつけ網で焼き始めます。火起こし名人達はご飯も味噌汁も問題なく仕上げます。
Img_3693Img_3694














Img_3695Img_3698














Img_3700Img_3701_2














Img_3699












 キャンプの醍醐味キャンプファイア。肩を組み合って、少し早い青春を味わうくまスカウトたち。
Img_3703Dscn7010
 











 キャンプ恒例となってしまった局所的台風の発生。立ち竈は見るも無残になぎ倒されてしまいました。
Img_3704Img_3705














Img_3706



 生き残れるものもあれば、折り畳み式のようにぺしゃんこになるものある。これも人生?これも立ち竈生?







 熱帯夜で寝付けずにいるAテントにいるスカウトたち。でも、ボーイスカウトたち、偉いですねぇ。くまスカウトたちを寝かしつけるために、深夜にもかかわらず団扇で扇いであげていたようです。
Img_3707Img_3708














Img_3709












 ここで、恒例の深夜の集合笛。暑かったせいもあり寝れずに起きていたスカウトが多く、いつにも増して集合できたスカウトが多かったです。日中、ばててしまわないように体力には気をつけてくださいね。
Img_3710












 スカウトたちは、早朝(5:30前)からすでに活動を始めていました。
Img_3711Img_3712












 点呼点検はどうでした?くまカブも混じっての反省を体で表現。楽しそうですね!!!
Dscn7021Dscn7024














Dscn7037Dscn7038














Dscn7038_2Dscn7043












 続いて、反省を声で表現の巻。キャンプ場脇の階段を駆け上り、頂上で”ごめんなさい”を連呼します。声を太く鍛えられますねぇ。お腹から声を出す手法を身につけよう。
Img_3713Img_3714














Img_3715Img_3716












 反省を表現し終えたら開会セレモニー。
Img_3717Img_3718














Img_3719












 開会セレモニーの後は、スカウツオウンを行いました。今回の担当は、Swallow班長のMスカウト。
Dscn7056













 その後はテントの撤営の仕方を教わりました。Dscn7059

 








 
 
 閉会セレモニー。優秀班はHawk。優秀くまスカウトはKカブスカウトでした。おめでとう!君の実直な活動は皆が認めるものでした。上進してくれるよね。ボーイスカウトは自主的活動がほとんどなので、もっと楽しい活動になると思うよ。ぜひぜひ上進してください。他のスカウトたちもたまたま今回は優秀章を逃したけれどみんなこの暑さの中よくがんばりました。これだけできれば立派にボーイでもやっていけます。ぜひぜひ上進してくださいね。
Dscn7070Dscn7071














Dscn7072












 
 続いてくまスカウトたちに記念品の授与がありました。
Dscn7073Dscn7074












 団倉庫への到着報告。
Dscn7077Dscn7079














Dscn7080












 スカウトたちのがんばりは、その服装を見れば一目瞭然でした。まずカブの帽子。汗が出まくって塩を噴いています。
Dscn7083Dscn70841












 加えてNボーイスカウトのこの汗の量。みんなこの暑さの中よくがんばりました。
Dscn7085














 
 次回活動は夏キャン(8/12-14)となりますが、ほとんどの中2スカウトと一部の中1スカウトは16NJに参加してきます。彼らの成長がどんなものか楽しみですね。

Rported by KONTA
  
  
   

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »